人気ブログランキング |

petancoの楽しいね!

petanco.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:花( 71 )

ホトトギスの花が咲きました。

ホトトギスの花が咲きました。_a0015682_1742135.jpg
ホトトギスの花が咲きました。_a0015682_1817329.jpg

今年も何とか・・・花が咲きました。
若い頃は、この花が嫌いでした。
花びらに赤紫色の斑点が、何となく不気味に見えたものでした。
でも、今は好きな花です。
この花が咲くと秋なんだなぁ・・・と、感じます。

夏の異常な暑さで葉っぱは枯れました。
もしかしたら駄目になってしまうかも・・・そう思っていましたが何とか少し残りました。
花の形もなかなか面白いと思います。

雌しべが大きな花の形です。ホトトギスはユリ科の植物です。
ユリの花と同じように6枚の花びらがあるけれど、3枚が萼、3枚が花びらです。
花びらにも、沢山の斑点があります。
太い雌しべの先は3つに分かれその先がさらに2つに分かれていて、よく見ているとなかなか面白い花です。そしてここにも斑模様があります。

鳥は時鳥(ホトトギス)と書きます。
花は、時鳥の羽に似ている紫色の斑点があるので着いた名前なのだそうです。

今年、初めて気が付いたのですが、我が家の花の中にバッタが生息しているのに
気が付きました。
草むらが無くなってしまった東京の小さな緑の中にヤモリやバッタやカマキリが
居るのに感激!
だけど・・・虫類は苦手。

でも、喜んでばかり入られない!
バッタはホトトギスの花・葉が大好きなのだとか・・・本に書いてありました。
花が見事になくなっていたり、葉が被害にあっていたり・・・
これはバッタの仕業なのでしょうか?

残念ながら、黄色いホトトギスは枯れてしまったようです。
大切な思い出があったのに・・・
by petanco | 2004-10-08 17:42 |

その後の彼岸花

その後の彼岸花_a0015682_158727.jpg降り続いた雨が上がって今日は秋晴れ・・・
昨日の寒さは何?
今日は、夏に逆戻りです。
我が家の小さな自然を観察しました。
真っ赤に燃えるように咲いていた彼岸花は跡形も無くなっていました。
長く伸びた茎も枯れ果てていましたが・・・

今、花が咲いていた根元の地面から元気良く緑色の葉が伸びはじめています。
写真の左側に薄茶色に枯れた色の細長いものが縦にあります。
これが花の咲いていた茎です。
細長い形のその葉は濃い緑色です。真ん中には少し白っぽい縦の縞があります。
すくすくと長く伸びて地面を覆うようになり冬を越します。
元気に伸び始めた葉を見ても彼岸花を想像できません。

本当にふしぎ!!
by petanco | 2004-10-06 15:06 |

キンモクセイが咲きました

キンモクセイが咲きました_a0015682_14501122.jpg
降りしきる雨の中をゆっくりと歩いていたら
何処からとも無く甘い香りが漂ってきました。
おやっ?
何だか懐かしい香り・・・
生垣に小さな小さな橙色の花が咲いていました。
キンモクセイの花でした。
この花の咲くころはよく雨が降ります。
数日後には、この木の下は黄金色の絨毯を敷き詰めたようになっていることでしょう・・・

我が家のキンモクセイもほんの少しだけ花を付けました。
何だかとてもいとおしい気持ちになります。

これから数日は、お散歩の途中でこの甘い香りに出会うことでしょう。

江戸時代、中国は桂林地方から渡ってきたのだという。
雌雄別株のこの木はなぜか雄株だけが日本に来たのだとか・・・
中国では、キンモクセイの花を使ったお酒「桂花陳酒」やお茶があります。
「桂花陳酒」は、楊貴妃が好んで飲んだお酒としても有名だそうです。
中国では紹興酒と並ぶ有名なお酒なのだそうです。
by petanco | 2004-10-05 16:46 |

白い彼岸花

白い彼岸花_a0015682_2224519.jpg白いと言っても真っ白ではありませんでした・・・
もっと、白い花もあるようですが・・・
白花曼珠沙華と言うらしいです。
真っ赤ななかに白い花が咲くこともあるのだとか。

でも、この花は多分交配された園芸品種なのでしょう・・・
ご近所で見つけました。
by petanco | 2004-09-15 22:01 |

pastelさん・・・茄子の花だよ

pastelさん・・・茄子の花だよ_a0015682_2158660.jpg元気な茄子の花を見つけたよ!
以前、ヤマホロシの花がなすに似ていると書きましたが・・・

 < しかし、なすの花ってこんなにかわいい感じなの?
 < ヽ(~~~ )ノ ハテ?
 < なすの花が・・・想像(?(。_。).。o0O??できない・・・・

想像していただけましたか?
色は違うけど・・・何処か似ているでしょ?

茄子の花は、やっぱり茄子の色を想像させる色でしょ?
先日、吉祥寺のお祭りに行ってきました。
お世話になったお家のお庭に沢山のお野菜を作っていました。
その中に茄子を発見しました!

茄子はピカピカの紫でおいしそうだったなぁ~
by petanco | 2004-09-14 21:56 |

フウセンカズラ

フウセンカズラ_a0015682_2234079.jpgフウセンカズラの実が成りました。
多分、昨年のみが落ちて芽吹いたものなのでしょう。

夏に小さな小さな白い花を咲かせます。
それが、今は風にゆらゆら揺れる黄緑色の紙風船みたいになっています。
指で強く押すと、パンと紙風船が割れます。
中から、可愛い種が出てきます。
種はまだ緑色ですが、黄緑色の紙風船状の実が茶色く変色してくると
中の種も黒くなってきます。

黒くなった種がとても可愛いのです。
直径5ミリほどの種は、まるでお猿さんの顔のようです。
真っ黒いところに真っ白なハートのような形があります。
それがお猿さんの顔に見えるのです。

ムクロジ科、カルディオスペルマム属の一年草。
属名のカルディオスペルマムは、ギリシア語のcardia(心臓)とsperma(種)に由来し、
ハート型の模様のある種子に因んでいるのです。

蔓性植物で、巻きひげで絡みつきながら生育します。
細い蔓が絡みつき、紙風船のような実が風邪に揺れている様は
なんとも可憐で可愛らしい・・・
by petanco | 2004-09-11 22:02 |

彼岸花が咲きました。

彼岸花が咲きました。_a0015682_21501385.jpg我が家のプランターの植え込みの中に見つけました。なんだか、とても不思議な花です。

別名 : マンジュシャゲ・ハナシグサ・カミソリバナ・シビトバナ・ステゴバナ・トウロウバナ
などなど沢山の呼び名がありますがあまり、良い印象の名前が無いのはなぜなのでしょうか?

この花は、地域によっていろいろな名前で呼ばれているようです。1000以上もの呼ばれ方があるのだとか・・・?(因みに、曼珠沙華(マンジュシャゲ)は、梵語で「赤い花」という意味だと、以前祖母から聞きました。本当かな?)
このはなには毒があり、子供の頃には、花を撮ってきては駄目!と言い聞かされていました。

彼岸花の名の通リ、秋のお彼岸が近くなると土の中から、突然?伸びてくるような気がするのは私だけでしょうか?
まっすぐに茎がニョキニョキと伸び蕾をつけますが、葉っぱが無いのがとても不思議・・・
そして、炎のような真っ赤な花を咲かせます。この頃は、赤だけではないようですが・・・
私は、彼岸花の赤はあまり好きではありません・・・
濃く、真っ赤だけど、どちらかと言うと陽気な色ではないような気がするのです。
土手やあぜ道に群生している景色はとてもきれいだと思うのですが。

不思議なのは、葉が無いこと。
植物は葉で光合成をして、栄養素を作っているはずだと思うのだけど・・・
花が終わると葉が元気に出てくるのを数年前に知りました。
冬を越す頃まで葉は枯れずにいっぱいの太陽を吸収して、地下の球根に栄養を溜め込んでいるようです。
知人から戴いた彼岸花が育つ様を見て、疑問が私なりに少し解消されました。

群生している彼岸花は秋の風景にとても似合う花です。
こんな景色をスケッチしたい・・・と、毎年思うのですが・・・侭ならず。
by petanco | 2004-09-10 21:54 |

怪獣みたいな花ね・・・メドウセージ

怪獣みたいな花ね・・・メドウセージ_a0015682_2016823.jpgメドウセージ ((サルビア・グアラニチカ))
サルビアの花の仲間だそうです。
いろいろな色があるみたいですが、このはなの形が面白く感じています。

美しいブルーとか青と言うよりも瑠璃色と言いたい花。
だけど何となくユーモラスな花の形に見えませんか?
今にも、ガオーーッ!なんて、吠えそうな横顔でしょ?

我が家にも元気で育っています。
とても丈夫な花です。

とても優れもので、古くから「万能の薬草」として、いろいろに使われてきたみたいです。
虫除けにもなるのだとか・・・いつかラジオでそんな話をしていました。
消化や殺菌、精神安定に効くそうです。
「薬用サルビア」ともいうそうです。
by petanco | 2004-09-09 20:14 |

pastelさん・・・白雪姫だよ!

pastelさん・・・白雪姫だよ!_a0015682_20485358.jpgジュランタ・タカラヅカの花に似ているでしょ!
見たこととありますか?
今日、神宮五丁目というところに行ってきました。
表参道からちょっと入ったところです。
作家の筒井康隆さんの住んでいると所の近くの」お家で咲いていました。
白い花もなかなか清楚で可愛くて素敵でした。

タカラヅカほど、個性は無く目立たないけど・・・ね。
明日は、記念すべきお祭りなのでpetancoも楽しみにしています。

きっと・・・
ギャラリーも多いことでしょう。

先ほどは凄い雨でした・・・ね。
今夜中に沢山降って明日は晴れますように・・・
だけど、あの凄い雨で被害はなかったのでしょうか?
今年は雨の被害が多すぎます。
ほどほどの雨でありますように・・・
by petanco | 2004-09-04 20:47 |

タマスダレの白い花が咲きました。

タマスダレの白い花が咲きました。_a0015682_18161398.jpg大好きな花の一つにタマスダレがあります。

ヒガンバナ科ゼフィランテス属カンディダ種
明治初期に南米から持ち込まれた外来種。

別名:【レインリリー】(ピンクのサフランモドキもレインリリーと言います)
雨上がりに一斉に花がきれいに咲くからだとか
中国では「葱蓮」というそうですが、葉がニラに似ているような気もします。
【ゼフィランサス】 ギリシャ神話の神様「西風の神ゼフィロス」、花という意味のアントスを組み合わせたものである。
カンディダ種の【カンディダ】とは純白の意味があるそうです。  
 
和名のタマスダレは、古来、白く美しい花を「玉」に喩えていました。
細長い葉を「簾」に見立てた名前なのかもしれません。

この花が好きなのは、花が可愛いと言うことととても丈夫なこと。
そして、私の趣味が大道芸の「南京玉すだれ」
花の名前の面白さから興味を持ち始めた花でした。
花の名前の由来を知ることもも何だか楽しいことですね。
by petanco | 2004-09-01 18:17 |