petancoの楽しいね!

petanco.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:散歩( 16 )

寒いっ! 只今冬眠中

ブログ再会しようかな・・・

ちょうど1週間前東京に雪が降りました。
日陰の路地には雪が凍って凍りになりピカピカと光っています。
私の足では怖くて外に出られない・・・
ちょっぴり足の不自由な私には踏ん張る力はないのです。
子供の頃、家の中で雪を眺めながら足の怪我が治ったら「外で遊びたいな」と思っていた。
思う存分雪だるまを作りたい、真っ白な雪の上に足跡をいっぱいつけたいと思っていた。

大人になって・・・
雪は降れば、玄関の前の雪掻きもしなければならない。
お買い物にも行かなければならない。
ちょっぴり苦手になりました。

でも、何もかも真っ白な雪景色はとても素敵!きれいです。
無理に買い物に行く事もない、あるもので何か工夫すれば良い、
案外美味しいものも出来たりして楽しいかも知れないなと思うようになりました。

昨日、近所の公園に花を探しに行きました。
可愛い紅梅がチラホラ咲き始めていました。
もう、そこまで春は着ているのですね。

そろそろ冬眠から目覚めなければ・・・

a0015682_12321720.jpg

[PR]
by petanco | 2006-01-28 12:32 | 散歩

黄金色のイチョウ並木

a0015682_175028.jpg
12月5日 日曜日 快晴
12月だと言うのに9月の気候だとか・・・
半袖でお臍を出して歩く女の子もいました。
気温は24.9度・・・落ち葉には似合わない暖かさでした。
午後、神宮外苑のイチョウ並木を散歩しました。
東京で生まれ育っていながら、ここのイチョウ並木を実際に見たことがありませんでした。
黄色く色付いた並木道を歩くのが中学生の頃からの夢でした。

中学校で習った美術の先生の絵が今も目に焼きついています。
それはTVニュースの中に発見しました。
大潮会展での文部大臣賞を戴いた作品でした。
大好きな先生の絵は、自分のことのように誇らしく思いました。

足が不自由だった私は、思うように何処でも行くことが出来ないまま時間が過ぎていきました。そして、秋になると思い出すのです。・・・残念っ!
今年も行き損なってしまった・・・の繰り返しでした。

今日こそはっ!と、出かけてみたら落ち葉になっていました。

また、画像や映像では解らないことを発見しました。
落ち葉の匂いと銀杏の臭い・・・ロマンチックじゃないのね・・・
だって、とっても臭いんですもの。
でも、夕日に輝く黄色いイチョウの葉は神々しいくらいにきれいでした。
並木道の真ん中に立つと絵画館の建物も夕日を浴びて素敵でした。
ヨーロッパの風景のようでした。

思いが叶った一日でした。
[PR]
by petanco | 2004-12-08 17:49 | 散歩

鎌倉散策しました。

a0015682_18102061.jpg
11月21日(日曜日)晴れ
朝食の時、思いつきでこれから散歩に行こう・・・
紅葉が見たかった私は喜々として出かけました。
ちょっと、紅葉には早かったかな・・・

ちょうど、お昼に北鎌倉に着きました。
食いしん坊の旦那様は、お腹がすいたっ!とのこと。
精進料理の「鉢に木」で、食事。お腹がいっぱいになったら疲れた・・・
まだ何処も見ていないでしょっ!!

私の大好きなお寺「東慶寺」は秋の花がひっそりと咲いていました。
桜の花も咲いていました。
なんという名の桜なのでしょうか?
携帯電話のカメラで写真を撮っている人の多いこと・・・

いくつかのお寺を巡って、一度行ってみたかった「明月院」へ・・・
紫陽花のお寺として余りにも有名。
入口を入って階段を上がって正面の方丈に・・・
見学はここまで。
入口で、台風の被害に遭い見学は途中まで、悪しからず・・・と言われたけど
本当にここまでなの?

なんだか、騙されたみたい・・・
でも、方丈の丸窓から見えるお庭のきれいなこと、一枚の絵のようでした。

紫陽花の季節には、花を愛でる人々の長蛇の列が「北鎌倉駅」まで続くのだという。
とても、見ることは出来なそうです。
後ろ髪を惹かれる思いで山門を後にしました。
お寺を巡りながら辿り着いた鶴岡八幡宮ではもう、夕暮れ時になっていました。

神楽殿では、結婚式が執り行われていました。
滅多に見ることは出来ないでしょう。
厳かな雰囲気のなか沢山の観光客に見守られ、
新郎新婦はどんな心持だったのでしょうか?
お幸せにと、願いつつ私たちは帰路に着きました。
[PR]
by petanco | 2004-11-29 18:11 | 散歩

山梨県一宮の桃

a0015682_22341148.jpg
ちょうど1週間前のこと、一宮に行ってきました。
もう、10年以上一宮の決まった農園に桃と葡萄を買いに行っています。
その前数年は、この農園の道を石和温泉の方向に買いに行っていました。
いつもの所がお休みでガッカリしての帰り道に寄ったところがココ。
いかにも正直そうなお人柄・・・
そして、ビックリするくらい美味しい!!
以来、ここに買いに行きます。
美味しい桃と、美味しく珍しい葡萄の季節の2回。

だけど・・・
とっても高い買い物ね・・・だって!
わき目も振らず、ひたすら農園に直行!
お腹が空いたと、近くのワイナリー直営のレストランでちょっぴり贅沢なランチを戴く。
そして、ひたすら帰ってきます。

この桃1個、幾らになるのだろうか・・・?
でも、作っている人が素敵な人たち、再会する楽しみが嬉しいのです。
お土産を持って尋ねて行きます。
帰りには、自家用の野菜、ピーマンや茄子を戴いて・・・
幸せ気分で、元気になって帰ってきます。
[PR]
by petanco | 2004-07-31 22:35 | 散歩

町田ダリア園に行ってきました。

a0015682_214419.jpg
1週間ほど前、何気なくつけたTVのニュースで、1週間後くらいが見頃・・・
と、聴こえてきました。
町田ダリア園?ダリアの花?・・・見たい!行きたい!!
お祭りも無いし、選挙に行ってから連れて行って・・・

家を出てから雨がポツリポツリ・・・
町田につく頃には大雨!場所がわからず時間が過ぎていきました。
でも、迷っていたお陰で、夕立は上がり青空になりました。

想像していた華やかさは無かったけれど、
こんなにいっぱいダリアの花を見たのはじめて・・・感激!
雨上がりの雫が太陽にダイヤモンドみたいに輝いていました。

いろいろな種類の花、様々な色・形・名前のユニークさ・・・
何だかとても心楽しい時間でした。

町田ダリア園は、障害者の働く場として、町田市が設置し、
まちだ福祉作業所が運営しています。
本園は約15000㎡の敷地に約500品種、約4000株のダリアを栽培しています。
こんな説明の看板がありました。

とても元気な花の苗などとても安く分けてくれます。
もちろんpetancoは嬉しくてワクワク・・・お花を買ってきましたよ!
でも、ダリアは買いませんでした。

子供の頃
父が大事にダリアを育てていました。
品評会で賞をとった花だとか・・・私のか頭より大きな花だったように思います。
苦心して育てていたことを思い出し、到底私には無理・・・
ここで花を愛でるだけにしました。
[PR]
by petanco | 2004-07-12 21:45 | 散歩

ほおずき市に行ってきました。

a0015682_224717.jpg
縁日大好き!
今年も行ってきましたが・・・
夕方浅草について間もなく大層な夕立に遭いました。

せっかくほおずきを買おうと楽しみにしていたのに突然の雨
急いで雨宿りした仲見世は人でいっぱい!
次の予定の時間が迫っていて買うことが出来ませんでした。
帰りに買おうかな・・・

ほおずき市のある7月10日にお参りすると
「四万六千日」分のお参りをしたことに相当するのだとか・・・
毎年お参りをしているとどういうことになるんだろ?
観音様の功徳日(くどくび)の中で一番日数の多い日が7月10日だそうです。
江戸時代から、特にこの日のお参りが盛んになったのだとか。


今日はほおずき市を見ることと・・・もうひとつの楽しみ・・・?がありました。
送別会です。
お別れは寂しいけれど、皆さんに会うことが楽しい!
インターネットで出会ったお祭りのお仲間が三沢に転勤。
ネットのお神輿仲間が10人ほどが集まりました・・・
楽しくお神輿の話をしてお食事をして浅草寺にお参り・・・
みなさん「雷除け」のお札を買い求めておりました。
パソコンの横の置くのだとか・・・
新しいものと古いものの出会いのようで何だか可笑しい
そのなかには気象予報士さんもいました。

観音様をお参りして
さぁ!ほおずき!・・・夜の9時頃は殆ど売り切れ
元気な鉢は残っていないようでした。
今年は諦めて家路に着きました。
[PR]
by petanco | 2004-07-10 22:48 | 散歩

芸能人・・・発見!

a0015682_213418.jpg
今日は、garaponの古い友人のお花の作品展を見に銀座の画廊に行ってきました。
一年に一度の七夕様みたいに、この数年案内状が届きお目にかかります。
彼女は数人のお花をこよなく愛するお仲間と作品を発表しています。
今年のテーマは「ひまわり」
花の持ちが余りよくないので、手入れが大変・・・
でも、パッと咲く明るい向日葵は、疲れ気味のpetancoに元気をくれました。

画廊を出て・・・少し銀ブラ
なにやらどこかで見たような・・・
狂言師・和泉元彌のお母さんの節子さんを発見!!
なんと、目立つ装いだこと、ふと隣に目をやると以外に質素な身なりの羽野亜紀さん。
ベビーカーを押し、大きなバックを背負っていました。
その先に、可愛い娘さんと戯れながら走る派手なファッションの元彌さん。
テレビの中の和泉元彌さん母と息子そのものでした・・・

かなりのピンボケ写真で分かるかな?
[PR]
by petanco | 2004-07-03 21:35 | 散歩

お富士さん

a0015682_215927.jpg
東京都北区にある富士塚で地元の人々は「お富士さん」と呼んでいます。
JRの京浜東北線の東十条駅と、埼京線の十条駅から然程遠くない所にあります。

江戸時代以来、富士信仰にもとづく祭儀を行って来た場所です。
現在も、これを信仰対象として毎年6月30日・7月1日に十条富士神社伊藤元講が、大祭を主催し参詣者は、頂上の石しを参拝するに先立ち線香を焚きますが、これは富士講の信仰習俗の特徴のひとつだそうです。

沢山の人々で広い道路は埋め尽くされます。
道の両側には、沢山の露店が並びます。
若い娘山野子ども達の浴衣姿が涼やかで夏らしく素敵でした。
もちろん私たちも浴衣姿でお散歩しながらのお参りに行ってきました。

十条のお富士さんの名物は縁起物の「蛇(じゃ)」。
手作りの藁細工の蛇は沢山作ることが出来ないとかでなかなか買うことが出来ません。今年は、買えました。

塚には、伊藤元講などの建てた石造物が、三十数基あります。銘文によれば遅くとも、天保11年(1840)10月には富士塚として利用されていたと推定されます。
これらにうち、鳥居や頂上の石しなど16基は明治14年(1881)に造立されています。この年は、富士講中興の祖といわれた食行身禄、本名伊藤伊兵衛の150回忌に当たりました。石造物の中に「富士山遥拝所再建記念碑」もあるので、この年、伊藤元講を中心に塚の整備が行われその記念に建てたのが、これらと思われます。
形状は、古墳と推定される塚に、実際の富士山を模すように溶岩を配し、半円球の塚の頂上を平坦に削って、富士5合目近くの小御岳神社の石を置いています。また、石段の左右には登山路の跡も残されており、人々が登頂して富士山を遥拝し、講の祭儀を行うために造られたことが知られています。

※十条富士塚境内設置案内より

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-30 22:00 | 散歩

長谷寺の紫陽花

a0015682_215132.jpg
今日は、何時ものように急に思い立って鎌倉にお散歩・・・
着物の大好きなgaraponとpetancoは、暫くぶりに着物を着てお出かけしました。
北鎌倉の明月院の紫陽花は、超有名で大混雑と思い今日は少し場所を外して
鎌倉から江ノ電に乗って長谷寺へ行ってきました。
電車も、道ももちろん長谷寺境内も観光客でいっぱい!!
今が見頃の紫陽花の花がいっぱい咲き乱れて綺麗でした。
小高い山に咲く紫陽花の花の間から海も見えてすてきな景色でした。

garaponは、蒸し暑さと履き慣れない新しい下駄に疲れ途中から
参った狸のような顔つきになっていました。
それでもgaraponも、紫陽花の花を立ち止まって眺め花を見つめお寺の建物を見て
それなりに?楽しんだようでした。

明日もgaraponはお神輿・・・
たまにはpetancoのご機嫌を取らないとね・・・
garaponも結構辛いかな?

petancoは大好きな紫陽花の花を堪能して楽しい一日でした。
[PR]
by petanco | 2004-06-12 21:52 | 散歩

ほおずき

a0015682_232039.jpg
今日は鳥越のお祭りに行ってきました。
歩道の植え込みの中にご近所の方が植えたのでしょうか・・・
ほおずきの花が咲き青いほおずきが成っていました。
あと、1ヶ月もすると(7月10日)浅草の四万六千日(ほおずき市)です。
だから、この位に育っているのですね。
鉢植えで売っているのとは違い、葉も元気で健やかな感じでした。
あまりにも可愛いので1枚パチリ!
[PR]
by petanco | 2004-06-05 23:21 | 散歩