petancoの楽しいね!

petanco.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

お富士さん

a0015682_215927.jpg
東京都北区にある富士塚で地元の人々は「お富士さん」と呼んでいます。
JRの京浜東北線の東十条駅と、埼京線の十条駅から然程遠くない所にあります。

江戸時代以来、富士信仰にもとづく祭儀を行って来た場所です。
現在も、これを信仰対象として毎年6月30日・7月1日に十条富士神社伊藤元講が、大祭を主催し参詣者は、頂上の石しを参拝するに先立ち線香を焚きますが、これは富士講の信仰習俗の特徴のひとつだそうです。

沢山の人々で広い道路は埋め尽くされます。
道の両側には、沢山の露店が並びます。
若い娘山野子ども達の浴衣姿が涼やかで夏らしく素敵でした。
もちろん私たちも浴衣姿でお散歩しながらのお参りに行ってきました。

十条のお富士さんの名物は縁起物の「蛇(じゃ)」。
手作りの藁細工の蛇は沢山作ることが出来ないとかでなかなか買うことが出来ません。今年は、買えました。

塚には、伊藤元講などの建てた石造物が、三十数基あります。銘文によれば遅くとも、天保11年(1840)10月には富士塚として利用されていたと推定されます。
これらにうち、鳥居や頂上の石しなど16基は明治14年(1881)に造立されています。この年は、富士講中興の祖といわれた食行身禄、本名伊藤伊兵衛の150回忌に当たりました。石造物の中に「富士山遥拝所再建記念碑」もあるので、この年、伊藤元講を中心に塚の整備が行われその記念に建てたのが、これらと思われます。
形状は、古墳と推定される塚に、実際の富士山を模すように溶岩を配し、半円球の塚の頂上を平坦に削って、富士5合目近くの小御岳神社の石を置いています。また、石段の左右には登山路の跡も残されており、人々が登頂して富士山を遥拝し、講の祭儀を行うために造られたことが知られています。

※十条富士塚境内設置案内より

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-30 22:00 | 散歩

海ぶどう・・・頂きました。

a0015682_232023.jpg
なんとも不思議なかたち・・・
小さな緑色のネックレスみたいです。
細い糸に繋がった小さな小さなヒスイのような色です。

和名:「クビレヅタ」
細い茎から小さな枝が沢山分岐しているみたいです。
その小枝に緑色半透明の小さな球(葉)が鈴なりになっています。
その様が小さな葡萄の房のように見えるのでこんな名前がついたのでしょうね。
「グリーンキャビア」とも呼ばれているようです。
食感は、プチンと舌の上ではじけて少し粘りがあるようです。
なんともいえない爽やかさのある食材です。

沖縄のお土産を宅急便で送ってくださったお友達に感謝!

以前、海ほたるで買って来たことがありましたが、何だか美味しくありませんでした。
高価な海ぶどうでした。
美味しいと聞くたびに???でしたが、これは本当に美味しいと思いました。
癖になりそう・・・だけど、なかなか入手困難でしょう・・・

この頃、私の周辺には沖縄に行く人が多いのです。
夏はやっぱり南国の青い海がいいわね・・・

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-29 22:24 | 生活

アフリカンブルー(アガパンサス)って響きが素敵

a0015682_215456.jpg
一般的には「アガパンサス」または「紫君子蘭」と呼ばれていますよね?
今朝、テレビからアガパンサスを紫君子蘭ともアフリカンブルーとも言います云々。
アフリカンブルー・・・何だか素敵な響きだなぁ・・・と思いました。

ユリ科ネギ亜科のお花です。
口を手折ると葱の葉の部分のようにドロッととした粘り気のあるものが流れ出てきて
匂いも何となくニンニクみたいな匂いがします。

「アガパンサス」と言う名は、ギリシャ語の愛(アガパ)の花(アントス)という意味。
なんと!情熱的な名前なのでしょうか?
でも、花の色は涼やかです。
紫色の小さい花が集まって一つの大輪の花のが咲いているようにみえます。

我が家のアガパンサスはご近所のお家にありました。
花が咲かないから捨てるのだと、その家のご主人が抜いて
放り出してあったものを戴いてきました。
なんだか、捨てられてしまうのには忍びなく大きな株を抱えてきました。

次の年は咲きませんでした・・・
それから、1輪、次の年は2輪・・・何年が経ったでしょうか?
戴いてきてから、株も大分増えれ大きなプランターにいっぱいになっています。
今年は6輪の花が咲きそうです。特別大きな花です。
紫陽花の油絵のような重厚な花ではなく
アガパンサスの花は水彩画のような爽やかな涼しげで新鮮に見えます。

心無い人が、決まって手折ってしまいます。
なかなか、咲いた花を見ることが出来ないのですが・・・
今年は何輪の花が花の命を全うするでしょうか?
祈る思いで、朝な夕なに眺めています。

梅雨時に咲く花の色はなぜか涼しげな青や紫・・・
雨の中にしっとりと融合する色が多いですね。

英名:アフリカン・リリー   和名:紫君子蘭

南アフリカが原産で、日本には明治時代中期に渡来しました。

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
 
[PR]
by petanco | 2004-06-28 21:56 |

タチアオイの花を見つけました。

a0015682_213748.jpg
夏空の下にまっすぐに天に向かって立つ姿は何となく優美です。

今日は、千葉県流山市加という所に行ってきました。
ここの地にある、大杉神社のお祭りでgaraponがお神輿を担ぐためです。
江戸川の土手沿いにお神輿が賑々しく担がれました。
のどかな静かな緑が多い住宅地です。
家々の庭にはいろいろな花が咲いていました。
心なしか、昨年より花の咲きが悪いようでしたが・・・

毎年お神輿が通る空き地に今年も元気に「タチアオイ」の真っ赤な花が沢山
空に向かって咲いていました。
直径10センチほどのきれいな花です。
色とりどり・・・
多年草の草花なので種が落ちて毎年数が増え、群生し始めていました。
残念ながら車に踏まれたりして群生しているきれいな写真が撮れませんでした。
ハイビスカスの仲間だと言うこの花をよく見ると確かによく似ています。

「タチアオイ」の花は、下から上に順々に咲きます。
そして、天辺まで咲き終わると梅雨が明けるのだと祖母が遠い昔に話してくれました。

遥か気が遠くなるような昔・・・
今から6万年も前に生きていたネアンダール人は、
死者にこの花を手向けていたという。
「タチアオイ」は太古の暮らしから・・・人類の営みを見続けできました。
物言わぬ花は、何を思い何を私たちに伝えたいのでしょうか・・・
この花が、いつまでも美しく咲いていられる地球でありたいものですね。

日本には室町時代に中国から渡ってきました。
根っこは薬用として使われたようです。
 
petancoの楽しみはgaraponの写真を撮ることのほか
花の写真を撮りながらのお散歩・・・
心楽しい時間を過ごしました。

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-27 21:39 |

過ぎし日々を懐かしむ花・紫陽花

a0015682_20371.jpg
今日は、とても蒸暑い一日でした。
でも、今日は晴れ。
昨日の雨をたっぷり含んで紫陽花は元気かな?

東京の紫陽花はそろそろ見頃は終わりました。
今年は、梅雨の中休みが長く美しく咲く花をあまり見ることが出来ませんでした。

紫陽花には雨がよく似合います。
花の色の微妙な変化が心楽しく絵の具箱の中を探したくなるような美しい色彩。
この花が私は大好き!

咲き誇っていた時は花びらのように見えるガクを掌を広げたように
空に向かって広げて、健気に雨を待っていました。
いま、
力尽き果て、うつむいています・・・
でも、渋く枯色混じった色合いも風情があって素敵です。
道行く人の目から遠ざかってしまっても、私はいつまでも見守っていたい。
とてもいとおしく感じた今日の紫陽花の花。
黄昏時には、夕日を浴びてなんだか神々しくさえ見えました。

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-26 20:38 |

続・空を飛んで来た 島ラッキョウ

a0015682_223830.jpg
今日、またもや思いがけない友人から沖縄の「島ラッキョウ」が届きました。
この、6月16日のblogに書いた「島ラッキョウ」の雑文を読んで下さっていた
友人が、沖縄から帰ってきました。
その友人の親戚が石垣島にあるのだとか・・・
このラッキョウはどこの島のものか、聞きそびれてしまいましたが、
空を飛んで来ました。

先日の「島ラッキョウ」はご近所のご主人の沖縄からのお土産・・・
(強制的に携帯電話で買うように奥さんから命令されたのですが・・・)
それは、薄塩の直ぐに食べられる真空パックのものでした。

きょうのは・・・
正しく、泥付きの八百屋さんで売っている生の「島ラッキョウ」。
初めてご対面?しました。  感激!! 
何だか大切な人に出会ったみたいに感動・・・ちょっぴりウルウル。
たかがラッキョウなのにと笑わないで下さいね。
だって、きっと喜ぶだろうと思って市場を探してくれた友人の真剣な顔と
キョロキョロ限られた時間に捜し歩いてくれた姿を想像してみてください。
そして・・・ラッキョウを持って飛行機に乗って帰ってくるのは、大変なことです。
自分の荷物もいっぱい持って・・・
熱い思いが無ければ出来ないことです。

希薄になっている人間関係や思いやりや・・・
些細なことの中に色々な思いを込めることが出来るのですね。
お友達の分もね・・・と抱えて来てくれました。

早速、洗って皮を剥いて下ごしらえ、半分は沖縄流に塩ラッキョウ。
塩ラッキョウといってもほんの少しの塩でよく揉んで辛味を抜く程度。
明日の朝、鰹節とお醤油を掛けて頂いて見ましょう。
後の半分は、ピクルス風にあっさりと漬けてみます。

ちよベーさんから聞いた「島ラッキョウ」が、こんな形で
私のところに舞い込んで来ました。
嬉しくて楽しい日でした。

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-25 22:39 | 生活

ハプニング

a0015682_23327.jpg
今日は、毎月楽しみにしているボランティアグループの集まりの日。
かれこれ8年くらいになるだろうか・・・
パソコンの出会いの切っ掛けを作ってくださった人たちに会うのが楽しみ
IVIS(http://www.netcity.kita.tokyo.jp/ivis/)で、私は沢山のパソコンの友人や知人ができました。そして、いろいろなことを学びました。

いそいそとお出かけ・・・
玄関を開けたら、そこに郵便局の配達人の身分を証明する名札が落ちていました。
時間が無いけど、とりあえず郵便局に電話しました。
手間取りそうなので主旨を説明して猛ダッシュ!

駅に到着・・・
ホームに電車は止まっていました。
やれやれ、ホッ!
アナウンスが流れてきました。
私の行きたい駅は次の駅・・・その駅で人身事故が発生したと言う。
その為、迂回してくださいと言っていました。
今いる駅は、京浜東北線「東十条駅」の次「王子駅」に私は行きたいのです。
その為には・・・
アナウンスを聞いているとビックリ!
近くの埼京線の「十条駅」まで、約8分の徒歩。
「十条駅」から埼京線で「池袋駅」~「駒込駅」に山手線で行き、ここからは
地下鉄・南北線で「王子駅」に行ってください・・・どれだけ時間がかかるのでしょうか?
タクシーはあまり来ない駅だし・・・今日は重い荷物を両手に持っているし・・・
足の具合も良くないし・・・どうしよう、どうしよう・・・

駅のアナウンスがあり、徐行運転で運転再開します・・・よかった!!
動き出したら直ぐに停まってしまい電車に缶詰状態になってしまいました。
事故発生から処理が終わるのに約1時間かかりました。
夕方6時少し前のこと。
家路に急ぐ多くの疲れた人々にとって、きっと膨大に長い時間だったことでしょう。
心では、不平不満を叫びたい!!と、思った人は沢山いたと思います・・・
みんなじっと耐えました。

事故の内容はわかりませんが、駅の外は物々しい消防署の車両が数台とパトカーなどがまだありました。

どうか、事故や事件のない平和な毎日が訪れますように。。。
なんでもない毎日がどんなにか大切なことなんだなぁ・・・と痛感しました。

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-24 23:04

禁断の果実・・・さくらんぼ

a0015682_231822.jpg
petancoは大人になるまで「さくらんぼ」を食べたことがありませんでした。

本当なのか?そうではないのか?いまだに解らないのですが、
子どもが「さくらんぼ」を食べるとお腹を壊すから駄目っ!・・・と
祖母に言われていました。
食べてみたいなぁ・・・
でも、怖いおばぁちゃんの言うことを聴かないと叱られるから・・・我慢しました。
今どきの季節の果物は、決まって枇杷でした。
枇杷も好きだけど、赤く小さなピカピカの丸い実は魅力的でした。

そして、ラジオから流れてくる魅惑的な?歌・・・

若い娘は ウッフン お色気ありそで ウッフン 
なさそで ウッフン  ありそで ウッフン 
ほらほら 黄色いさくらんぼ
つまんでごらんよ ワン
しゃぶってごらんよ ツー
甘くてしぶいよ スリー
ワン ツー スリー ウーン
黄色いさくらんぼ・・・

意味は良くわからなかったけど、何だかとってもさくらんぼってすてきだと思いました。
さくらんぼは赤いと思っていたけど黄色いのもあるんだな?
大人になったら、お腹いっぱい食べたいな・・・絶対食べる・・・

でも、大人になっていざ食べよう・・・と思ったら
「さくらんぼ」はとても高価な果物でした。

本当に、子どもがお腹を壊すのかな・・・
祖母以外から聴いたことが無い・・・今は亡き祖母に確かめる術もありません。
きっと、お財布が悲鳴を上げるからでしょう・・・

さくらんぼ(桜桃・バラ科)の種類は全世界で1500種以上あるらしい・・・
日本では約30種位が栽培されてうられているようです。

昨日、友人から山形のさくらんぼが届きました。
ルビーのようなつややかなさくらんぼを戴きながら
幼い日のことを思い出しました。

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-23 23:19 | 生活

まだ、きれいだよ!   ???(;^_^A

a0015682_202739.jpg
今日は、児童館で子ども達と「南京玉すだれ」で遊ぶ日。
台風一過の抜けるような青空と、燦々と照りつける太陽の下、頑張って行ってきました。
湿度が高くサウナに入っているようでした。

児童館のドアを開けたらひんやりとした冷気に、ほっ!
こんにちは~。
最初に会った女の子の第一声・・・
「ぁっ!ぺったんこセンセだ。   まだ、きれいだよ!!  ぅん」
ん?
「まだきれいなの?」と問い返すと
「うん、まだじゅうぶんきれいだよ!  大丈夫っ!!」
petancoはどう解釈すればいいのでしょうか?^_^;
褒めてくれたのでしょうか?
お世辞を言ってくれたのでしょうか?
もうじき、汚くなってしまうのかしら・・・?
でも、まだ私って・・・捨てたものでもないのかしら?  ぅふふ・・・(^^♪

今日は沢山の子ども達が「南京玉すだれ」がしたい・・・と集まってきました。
一つ出来るたびに感動!
今日は歌もつけて身体も動かして練習しましょうね・・・
きゃ~、うれし!! できるかな?  おもしろいね!   むずかしいよぉ・・・
今度いつ来るの?  (^-^)ノ~~

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-22 20:28 | 生活

台風接近・・・桧扇水仙(ヒオウギスイセン)

a0015682_12500.jpg
お昼過ぎに急に雨と風が強くなりました・・・
二階のベランダにおいてある大きない鉢植えの「金のなる木」が飛びました。
一人で持つにはちょっと重いくらいの鉢植えです。
「金のなる木」が飛んで行っては困ります。飛んで来て欲しいなぁ・・・
きっと、枝を大きく伸び伸びと張っているのでまともに風を受けてしまったのでしょう。
大きな台風が接近と気象予報では言っていましたが、
東京がこんなに雨と風が吹くとは思ってみませんでした。
昼間、アイロンかけをしながらテレビをつけていました。
防波堤で高波を見ていた若者が3人が大きな波に飲まれる瞬間が
映し出されていました。
2人は救出されたそうですが、一人は行方不明・・・

台風や大雨の時にこのような事故が後を絶ちません・・・
なぜ、そんな危険なところに行くのでしょうか?
自分だけは大丈夫!
そんなことは決してありませんよね?

まだ、外は風がうなりながら吹いています。
明日は台風一過の良い天気になるのでしょうか?
梅雨にこんなに大きな台風が来るのは珍らしいのでしょう・・・か?

大好きな花がやっと咲き始めたのに大丈夫かな?
アヤメ科のお花、「山グラジオラス」とも呼ばれている
「桧扇水仙(ヒオウギスイセン)」のオレンジ色が叩きつける雨の中に
鮮やかに花を揺らせていました。
繁殖力が旺盛で丈夫な花だと、友人宅から分けていただいた花ですが、
なかなか花を咲かせませんでした。やっと咲きました。
なのにこの雨と風・・・健気に咲いていました。

http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ  
[PR]
by petanco | 2004-06-21 22:55 |