petancoの楽しいね!

petanco.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

山梨県一宮の桃

a0015682_22341148.jpg
ちょうど1週間前のこと、一宮に行ってきました。
もう、10年以上一宮の決まった農園に桃と葡萄を買いに行っています。
その前数年は、この農園の道を石和温泉の方向に買いに行っていました。
いつもの所がお休みでガッカリしての帰り道に寄ったところがココ。
いかにも正直そうなお人柄・・・
そして、ビックリするくらい美味しい!!
以来、ここに買いに行きます。
美味しい桃と、美味しく珍しい葡萄の季節の2回。

だけど・・・
とっても高い買い物ね・・・だって!
わき目も振らず、ひたすら農園に直行!
お腹が空いたと、近くのワイナリー直営のレストランでちょっぴり贅沢なランチを戴く。
そして、ひたすら帰ってきます。

この桃1個、幾らになるのだろうか・・・?
でも、作っている人が素敵な人たち、再会する楽しみが嬉しいのです。
お土産を持って尋ねて行きます。
帰りには、自家用の野菜、ピーマンや茄子を戴いて・・・
幸せ気分で、元気になって帰ってきます。
[PR]
by petanco | 2004-07-31 22:35 | 散歩

鷺草(サギソウ)が咲きました。

a0015682_2220151.jpg
不思議な花ですね。
何かに良く似ているものは沢山ありますが・・・
これほどに何かをイメージできるものは然程無いでしょうね。
羽を広げ空を舞う白鷺のようです。
自然の形の素晴らしさに感動します。

小さな球根を戴いて鉢に植えて毎年、花の咲くのを待っています。
沢山あった球根も・・・段々少なくなってしまったようです。
なかなか花が咲くには至りません・・・
きっと、肥料も十分ではないのでしょう。

やっと・・・咲きました。
感動的ですが、花の命は短いです。

昔は花の形を「鷺」ではなく「鶴」に見立てていた時代もあったそうです。
時代と共に見る人の感性も変化しているのですね。

ラン科の植物で、野生種は絶滅危惧種なのだそうです。

来年は植え替えをして、この優美な花を再び見たいものです。
[PR]
by petanco | 2004-07-30 22:21 |

遥か古代の蓮の花

7月19日
埼玉県行田市の「古代蓮の里」に行ってきました。
炎天下・・・健気に蓮の花が咲いていました。
a0015682_22354031.jpg


蓮の花を見るには、早朝に限ります・・・
午後になると花は閉じてしまうのだとか・・・
でも、我が家がそんなに早く行動できるはずも無く・・・
いつものように午後になってお出かけをしました。
花は、少しみずみずしさはなくなっていましたが、でも
じゅうぶんに美しい花を咲かせておりました。
garaponは、「お神輿」のことならどんなに早くたって頑張れるんだけどね・・・

ここに咲いている古代蓮は1400年から3000年も前の蓮だと言われているそうです。
昭和46年・・・
公共施設工事中、地中に眠っていた蓮の種が自然に発芽して花を咲かせたのだそうです。
地中の種の発芽は珍しく、行田市は「天然記念物指定」にして保護しているそうです。
その他、インドの蓮や中国の蓮など40種類以上の蓮が栽培されています。
今、花は見頃です。
園内は自由に散策できます。朝早くで出かけて行くと
きっと素敵な美しい花が見られるでしょう・・・
清らかで優しい花の形や色に心が静まる思いがしました。
蓮の葉も大きく、優しく寂しい心や邪悪な心を慰めてくれるような気がしました。
仏様の台(うてな)そのものでした・・・

上野公園の不忍池にも沢山の蓮の花が咲いています。
でも、こんなに美しく優しい花だと認識したことはありませんでした。
原始的な古代蓮の花は、穢れの無い美しさでした。
[PR]
by petanco | 2004-07-21 22:37 |

本日49.5度・・・向日葵は元気でした。

a0015682_2241925.jpg東京の気温が49.5度になったとか・・・
本当に暑い日でした。

道路が焼けたような匂いが立ち込めていました。
半袖から出ている腕が太陽に痛いように熱さを感じました。
以前、旅行したタイの太陽のように感じました。

植木はぐったり・・・
可愛そうだけど太陽が出ているうちは、散水も出来ません。
草花はきっと根が茹ってしまうでしょう・・・
日が沈むのを待ってたっぷりのお水を上げました。

ついでに・・・少しだけ贅沢しました。
お水も大切にしなくてはいけないけれど
焼けたアスファルトの道路に打ち水・・・
モワ~っと暖かい湯気が立つようでした。
でも、見た目が涼しくなりました。
きっと、打ち水の場所は少しだけ・・・温度が下がったことでしょう。

木立ちに雫がポタリ・・・
一瞬の涼しさを感じました。

お買い物の途中で元気な向日葵を見つけましたよ・・・
[PR]
by petanco | 2004-07-20 22:42 |

HP記念日になりました。

a0015682_202055.jpg
http://www.kitanet.ne.jp/~petanco/
petancoさんのホームページ

私の大切な宝物?のホームページのカウンターが50000になりました。

先ほど、自分でキリ番をゲットしてしまいました。
いつも覗いてくださるお友達にゲットしていただきたかったのに・・・
やっぱりpetancoはドジでした。

1998年8月10日に開設以来、約6年の歳月が流れようとしています。
開設と言ってもpetancoが一人で作った訳ではありません・・・^_^;
petancoのPCのお師匠さんのmakoさんからのプレゼントでした。

沢山の方々に応援していただいて今日に至りました。
そして・・・
沢山の思いも寄らなかったお友達が出来ました。

インターネットのいろいろのトラブルも巷ではよく聞きますが・・・
でも、良いことも沢山あります。
パソコンのことを教えていただいたお友達
趣味の南京玉簾を子供達に見て貰ったり・・・
garaponのお神輿のお仲間が出来たりと、想像を超えた世界が出来ました。

乏しいパソコンの知識ですが・・・
おばさんは、これからも頑張ってHPつくりを楽しんで行きたいと思っています。
これからも応援してくださいね。
[PR]
by petanco | 2004-07-19 20:22 | 生活

夜香木

a0015682_165526.jpg
夜に香る木・・・
何だか謎めいた名前です。

この花は、鳥越のお味噌屋さんのお店の横に
鉢植えになっていました。
店主の話では、夜になると刺激的に強い香りを放つのだとか・・・
繊細な花は夕方から開花し始めます。

英名Night Jessamine
ナス科の植物です。

夏の花には、夜に香る花が多いようです。
トランペットの花も夜になると香ります。
オシロイバナも香りを漂わせています。

お散歩の楽しみの一つになった香り・・・
蒸し暑い夜
どこからとも無く漂ってくる花の香りを探しながら
今夜もお散歩に行きましょうか・・・
[PR]
by petanco | 2004-07-17 16:56 |

千成ほおずき

a0015682_223110.jpg
今年も沢山の千成ほおずきがなりました。
このほおずきは5~6年前に、浅草の「ほおずき市」で買いました。

今、ほおずき市のほおずきは観賞用の「丹波ほおずき」が殆ど・・・
かつて、薬用にも使われたと言う「千成ほおずき」を見つけるのは大変・・・
売っているお店がなかなかありません。

「ほおずき市」というと浅草・浅草寺境内
四万六千日の縁日を思い浮かべます。

でも・・・
起源は江戸中期、芝愛宕神社の千日詣の縁日で売られはじめました。
子どもの虫封じや癪に効くというので「千成ほおずき」が売られたのだとか・・・
私の祖母は実に良くいろいろなことを知っていました。
ほおずき市のほおずきは「千成ほおずき」で無ければ納得が行かなかったようです。

そんなことを思い出しながら、買ったほおずきの種がこぼれ
毎年小さな青い実をつけます。小さな花もなかなか可愛いものです。

「千成ほおずき」を食べたことありますか?
「千成ほおずき」は、ほんのり甘く、プチトマトの様な味がします。

「丹波ほおずき」は子供の頃、朱色に熟れた実を柔らかく揉んで種を出し
口に含んで鳴らしました。
きれいに種を出すのが大変・・・楽しい思い出です。
[PR]
by petanco | 2004-07-16 22:32 |

送り火

a0015682_2198.jpg
今夜は、ご先祖様がお帰りになります。
ご馳走をお供えして送り火を焚いてお送りします。

子供の頃
お盆になると縁側に盆提灯を下げました。
その提灯で、ご先祖様の霊をお迎えに行きました。
提灯の灯は、ご先祖様が迷わないための目印。
そして、家に帰ってきている印なんだと、祖母が話してくれました。
もちろん、帰る時も同じ提灯に灯を点しお送りします。

でも、提灯を下げている人を殆どみなくなりました。
我が家も、なんだか提灯を持って歩くのは恥ずかしいような・・・
送り火を焚いてからお散歩しながらお送りします。
提灯の習慣は、鎌倉時代から行われているとか・・・

いつまでもなくさないで残して行きたいと思うのですが・・・
送り火もなかなか焚くことが出来ない環境にいる方も多くなっているのでしょう。

新潟では、集中豪雨でお墓も壊滅してしまったところもありました。
こんなニュース映像を見ると、心が本当に痛みます。
昼間、私の町も短い時間でしたが夕立が凄まじい勢いでした。
災害にあわれた地域の皆さん・・・本当に怖かったでしょうね。
疲労困憊している被害に遭われた皆さん、頑張って欲しいです。
[PR]
by petanco | 2004-07-15 21:10 | 生活

お盆に咲いた桔梗の花

a0015682_224240.jpg
こんなにきれいな桔梗が咲きました。
手折ってしまうには勿体無いけど・・・
お盆に咲いた桔梗の花
小さな一輪挿しに挿してお仏壇にお供えしました。
花屋さんの花の隣にそっと置きました。

東京は7月がお盆
昨日、仏壇を清めて花を新しく活け、茄子と胡瓜で牛や馬を作り
お供え物をしました。

今日は、お墓にお参り
夜には、お迎えに行き・・・迎え火を焚きました。

茄子や胡瓜に麻幹(おがら)の足をつけるのが結構大変
足の長さや4本の足開き具合などバランスが難しい
祖母が格好のよい茄子や胡瓜を選んでいたことを思い出しました。

今・・・
花屋さんなどで藁などで出来た馬や牛を売っています。
でも、ご先祖様を想い、お迎えをする準備に費やす時間の大切さを
この頃実感しています。
慌しく生活する日々に慣れてしまったなかで
ふと見つけた・・・想う気持ち・・・大切にしたいで。

明日は何をお供えしましょうか・・・
故人が好きだったものを作って偲ぶことにいたしましょう。
[PR]
by petanco | 2004-07-13 22:44 |

町田ダリア園に行ってきました。

a0015682_214419.jpg
1週間ほど前、何気なくつけたTVのニュースで、1週間後くらいが見頃・・・
と、聴こえてきました。
町田ダリア園?ダリアの花?・・・見たい!行きたい!!
お祭りも無いし、選挙に行ってから連れて行って・・・

家を出てから雨がポツリポツリ・・・
町田につく頃には大雨!場所がわからず時間が過ぎていきました。
でも、迷っていたお陰で、夕立は上がり青空になりました。

想像していた華やかさは無かったけれど、
こんなにいっぱいダリアの花を見たのはじめて・・・感激!
雨上がりの雫が太陽にダイヤモンドみたいに輝いていました。

いろいろな種類の花、様々な色・形・名前のユニークさ・・・
何だかとても心楽しい時間でした。

町田ダリア園は、障害者の働く場として、町田市が設置し、
まちだ福祉作業所が運営しています。
本園は約15000㎡の敷地に約500品種、約4000株のダリアを栽培しています。
こんな説明の看板がありました。

とても元気な花の苗などとても安く分けてくれます。
もちろんpetancoは嬉しくてワクワク・・・お花を買ってきましたよ!
でも、ダリアは買いませんでした。

子供の頃
父が大事にダリアを育てていました。
品評会で賞をとった花だとか・・・私のか頭より大きな花だったように思います。
苦心して育てていたことを思い出し、到底私には無理・・・
ここで花を愛でるだけにしました。
[PR]
by petanco | 2004-07-12 21:45 | 散歩