petancoの楽しいね!

petanco.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

またも・・・お祭り

a0015682_238486.jpg今日と明日・・・petancoは、旦那様のお神輿の追っかけです。旦那様(garapon)の大好きな所。

JR日暮里駅直ぐ前の中央町会にお世話になります。
今日は宵宮、夕方から2時間ほど町内を担ぎました。

garaponのお神輿の知り合いの若い人に数年ぶりに偶然再会、楽しく思い出話をしました。
そして、petancoの半纏を着てご一緒に担いで行きました。
自転車で通りががり、担ぎたいなぁと思いながら、そのままお神輿について来たようでした。

思いがけない再会があったり・・・
それもまた、お祭りでの楽しみの一つかも知れませんね。

明日は、朝からお出かけです。
たくさんの写真を撮ってきます。

どうか・・・台風の影響がありませんように。
雨が降りませんように・・・
[PR]
by petanco | 2004-08-28 23:06 | お祭り

ホウセンカの思い出

a0015682_23265969.jpg小学校の1年から3年生までの担任の女の先生が教えてくれました。

ホウセンカの赤い花びらを揉んで指に貼り付け油紙で巻いて夜寝ると
朝には爪が赤く染まっているのだとか・・・
マニキュアのように染まったのだと思います。

してみたかったけど、
祖母が、そんなことをしては毒だよ・・・
と言ってさせてくれなかった・・・
ただ、祖母が爪を染めるのが嫌いだっただけの理由だったのでしょう・・・
大きくなったら、爪をきれいにホウセンカの花で染めるのだと密かに思っていました。
いつの間にか忘れ、そして大人になってしまいました。

今、ネイルアートがブームです。
もう、そんなことが似合う年ではないけれど、子供の頃の記憶を思い出させてくれました。

大人になった私は、マニキュアが嫌い!
悪戯に付けてみるけど爪が  「呼吸できないっ!!」 と、叫んでいます。
自然の爪の色が、一番私らしいかな・・・

主婦として、料理をしたり掃除をするには自然が一番似合うと思っています。
でも、ホウセンカの花は楽しい思いの時間を与えてくれました。
[PR]
by petanco | 2004-08-27 23:25 |

ぅわぁ~ たのしい!!

a0015682_23525724.jpg昨日は、児童館に行きました。
「南京玉すだれにちょうせん!」の日。

今日はじめて南京玉すだれを見たふたり
何となく、触ってみたいような・・・やっても出来ないような・・・ぅ~ん

大丈夫だよ!
ワタシが、教えてあげるよッ!
この子達は、引越しして来たばかり・・・
今日がはじめての児童館デビューした日なのだとか。
お友達もでき、楽しみが出てよかったね。

触ってみたら、たのしいっ!!
こんなにのびちゃった!  どうしよう・・・キャハハ
ねぇ ぺったんこセンセ 今度はなにができるの?

今度はいつ来るの?

ぺったんこセンセもとっても楽しい時間でした。
子供達に元気を貰って、でも・・・ヘトヘト
子供達に感謝!
[PR]
by petanco | 2004-08-25 23:51 | 趣味

ニガウリ

a0015682_23423659.jpgご近所で、毎年二ガウリを作っています。
沢山出来るから・・・と、おすそ分けをして下さる。
八百屋さんで買ってくるのと、全く違い美味しい!!

黄色い花の意外に小さく可愛いこと
二ガウリが細い蔓にぶら下がっている様は、何となく可愛らしくもあり
滑稽な気さえします。

我が家で二がウリを食べるようになってどのくらいになるのかな?

子供の頃には、食べたことが無かった。
何だか、変な野菜だな・・・
ヘチマのような?胡瓜のような?大きくてイボイボしていて、
食べるとかなり苦い!

料理法もわからなかった
初めて食べた時は薄くスライスして茹でて鰹節を載せお浸しでした。
いま、我が家の定番は「petanco風ゴーヤチャンプルー」
種とワタを刳り貫いてひき肉海老やきくらげなど詰め込んで作る
エスニック風のスープもなかなか美味しい・・・結構、自信作なんです。

ウリ科の一年草。
沖縄では、よく食べられている野菜です。
九州や沖縄では、昔から糖尿病に効果があることは有名で、古くから民間薬として用いられてきたそうです。
カリウムやカロテン、ビタミンCが豊富な為、血圧の安定、高血圧の予防し、血液をさらさらにする効果があるのだとか・・・

旦那様には体にとても良いのよ・・・と、頑張って食べさせています。
[PR]
by petanco | 2004-08-23 23:41

合歓の木の花(傾国の美女)

a0015682_2259553.jpg薄紅色と白のぼかしのような細い花びらがまるで化粧刷毛のよう・・・

夕方に方に咲き始め翌日の夕方には萎れてしまう儚げな花です。
葉は夕方になると閉じ、眠ったようになるのでネムの木と言う名がついそうです。
繊細で柔らかな花びらは、美しいお姫様のお化粧刷毛のように思えてなりません。
頬紅を一刷け塗った後のように見えます。

梅雨の頃から初秋頃まで花を咲かせています。
近所の公園に1本、合歓の木があります。

夜のお散歩のときに見かけます。
仄暗い街灯の下に浮き上がって見える美しい花は、お伽の国へ誘ってく錯覚に陥りそう・・・

花言葉は歓喜・胸のときめき、優しげな花に私の胸もときめきます。

昼は咲き 夜は恋ひ寝る 合歓木(ねむ)の花
君のみ見めや 戯奴(わけ)さへに見よ          万葉集 (紀郎女)

象潟や 雨に西施(せいし)が ねぶの花 松尾芭蕉
「西施」とは、中国の春秋時代の「傾国の美女」のことで、合歓の花を美女に喩えた歌なのだとか
万葉の時代から愛され続けた花なのですね。

我が家の真っ赤な合歓の木の花が今年は咲きません・・・
[PR]
by petanco | 2004-08-22 22:57 |

お魚大好き!!・・・かなぁ?

a0015682_2231135.jpgこの頃、こんなお魚の形の小物入れ(携帯入れ)を作っています・・・
好んで・・・では、有りません。
旦那様のご要望なのです。

お神輿大好きの旦那様のgarapon
みんなの持っていないような形の小物入れが欲しい!!
お仲間が草履の形のを持っています。
それなら作れるよと言ったら、みんなの持っていないのが良い・・・お魚っ!!

まずは、藍染のもの・・・これは大のお気に入り
違うのも欲しい!
これは、絣や縞の渋いもの・・・良いけど、渋すぎなんだと言う。

鯛みたいな赤い魚が良い。
それも、無地じゃつまらない・・・
やっと出来た!と、この写真を撮りました。

そうしたら、子供のお魚も付けてと言う。
やっと、先ほど出来上がりました。

子連れのお魚は、garaponが身に着けたところを後日ご紹介します・・・

petancoの分も作ればと言うけど、結構大変なのよね・・・
でも作ろうかな。
[PR]
by petanco | 2004-08-21 22:01 | 趣味

ベジフルーツ・・・緑のトマト

a0015682_235223.jpgデパートで見つけました。
緑色なのに完熟と表記されていました。
未成熟のような色なので、おいしそうとは思えなかったけど
珍らしいものに直ぐ興味を持つ私のこと・・・買って来ました。

完熟と書いてあっても、赤いトマトのように柔らかくは無い。
切ってもやっぱり同じ色
トマトは野菜だけど、より野菜らしい?色なんだなぁ・・・

サラダに添えてみました。
シャキシャキ感がいい。
すっきりと、ほんのりと甘い、さっぱりしていた。
旦那様は、フルーツみたいと言っていた。

赤や黄色や紫・・・などなどカラフルピーマンやとまと
いま、ベジフルーツと呼ばれる野菜が出てきているみたい

栄養価も高くなかなか楽しい食材が多くあるみたい。
[PR]
by petanco | 2004-08-20 23:03 | 生活

8月15日 お神輿担ぎました!

a0015682_22255172.jpgお盆にお神輿を担ぐとは、1週間前まで夢にも思っていませんでした。

インターネットのご縁で知り合ったお神輿のお友達のお誘いです。
お神輿は流石にお盆は無いのねぇ・・・と、思っていました。

場所は栃木県上都賀郡粟野町 という所。
山間の静かな町です。
ここは、ガッツ石松さんの故郷だそうです。

ここのお神輿は、板金だけで出来ている物なのだとか・・・
黒川さんという板金職人さんが心を込めて作られたもので故郷に寄贈したもの。

この町は、お神輿のお祭りではなく山車がでるそうで、
寄贈されたお神輿は飾られているだけでは勿体無いとこのお神輿に惚れ込んだ
埼玉県川口在住の方の計らいで町の人たちに担いでもらおうと働きかけをしたそうです。

当日、東京や埼玉から集まって粟野町に行き夕方、お神輿を組み
6時30分からお神輿をほんの少しの時間(30分くらい)の渡御でした。

でも、充分楽しく町の人たちも楽しんだことでしょう。
メインは「粟野町音頭」で踊る「盆踊り」それから「花火」

花火を見たかったのですが、遅くなってしまうので、見ないままに家路に着きました。
[PR]
by petanco | 2004-08-16 22:27 | お祭り

からすうりの花

a0015682_20194022.jpg秋になると山で見かける朱色の実
高い木の枝に絡まった蔓の先に楕円形の実が風に揺れている光景
秋だなぁ・・・と感じるのは私だけでしょうか?

あの、濃い朱赤の実からは想像できない白い花
花びらは5枚
花びらの先が細い糸を編んだレースのよう・・・
または、純白の木綿の布を解れさせたような繊細で不思議な花です。
自然の形の不思議を感じます。
   
名前の由来は、カラスが実を食べるからなんだと友人が教えてくれました。
でも、カラスがいても食べないよ・・・と、他の友人が言いました。
カラスが食べないから「カラスウリ」なんだと、言う人もいました。
どれが本当なのでしょうか?

唐朱の色に似ているからだと言う説もあるらしい・・・
唐朱とは、お習字で添削をする時に使う朱色の墨?(墨と言うのかなぁ?)の色に
よく似ている所から由来しているのだとか・・・
これが一番のような気がする私です。


瓜(うり)科  カラスウリ属
学名 Trichosanthes cucumeroides
Trichosanthes
     cucumeroides

Trichosanthes(トリコサンセス)は、
ギリシャ語の
「thrix(毛)+ anthos(花)」が語源。花冠の先が細裂して糸になることからだそうです。
[PR]
by petanco | 2004-08-14 20:21 |

日焼けした? 向日葵・・・

a0015682_22382391.jpg
子供の頃からずーっと「ひまわり」は、
最近まで黄色くて大きな花だと思っていました。

ご近所のお庭にこんな色の花を発見しました。

こんな茶色の花もあるんですね。
この花は、さほど大きな花ではありませんでしたが、小柄な私の背丈ほどでしょうか?

空に聳え立つようなまっすぐに伸びた茎の上に
大きくて丸い花が太陽に向かって咲いている姿は、正に夏の景色そのものです。

背丈が3メートルにもなり、花径が30~40センチにもなるものがあるそうです。
その反面、
この頃は小さな鉢に植えられている小さな小さなヒマワリを花屋さんで見かけます。
でも、私のヒマワリは大きくなければヒマワリではないのです。

ヒマワリは向日葵と書きます。
よく太陽に向かって咲くと聞いていましたが、決してそんなことは無いと思います。
太陽を背にして咲いているヒマワリを今日も見かけました。

別名:ニチリンソウ(日輪草),ヒグルマ(日車)といい、
キク科ヘリアンサス属のキク科の一年草。

ヘリアンサスとは、ギリシア語のhelios(太陽)とanthos(花)の意味だそうです。
[PR]
by petanco | 2004-08-13 22:39 |